【おじゃマップ】茨木に行きたい!オリオンツアーで行く「いばらき味覚紀行」とは

5,000円~10,000円


日帰りで楽しむことが出来るバスツアーの人気が高まっています。オリオンツアーで行く日帰りバスツアーは、あんこう鍋や納豆&やきいもミュージアムが登場します。

ヒルナンデスでは、茨城県にスポットを当てました。個人で行くより断然お得な8,480円の格安ツアーを紹介します。

バスツアー工程表

うまかっぺ!いばらき味覚紀行 あんこう鍋!納豆&やきいもミュージアム!パワースポット常陸国出雲大社参拝♪

07:40 新宿出発
08:25 守谷サービスエリア(下り)で休憩
09:45 常陸国 出雲大社
10:50 水戸ドライブイン(あんこう鍋ランチ)
12:30 タカノフーズ
14:35 なめがたファーマーズヴィレッジ(やきいもミュージアム)
18:10 新宿着

オリオンツアー企画⇒うまかっぺ!いばらき味覚紀行 あんこう鍋!納豆&やきいもミュージアム!パワースポット常陸国出雲大社参拝♪日帰りバスツアー

守谷サービスエリア

「守谷サービスエリア」は、茨城県に入って最初のサービスエリアです。年間400万人が利用します。“憩いの森”がコンセプトの施設には15店舗の飲食店があります。

茨城県は納豆の生産量が全国で1位です。納豆のおみやげがたくさん置いてあります。栗・サツマイモ・白菜・メロンの生産量とイワシやサバ類の漁獲量が全国で1位です。

“焼き鯖棒すし”は、焼いた鯖を酢飯でまいてあります。守谷サービスエリア限定の商品です。

常陸国 出雲大社

「常陸国 出雲大社」は、縁結びのお社(やしろ)として有名です。男女の縁だけでなく、子授けや仕事・学業との出会いなど様々な広い意味があります。

お社には“隠れハート”がたくさんあります。スマホの待ち受け画面にすると良縁に恵まれると話題になっています。

あんこう鍋ランチ

「水戸ドライブイン」では、あんこう鍋ランチを食べます。“アンコウ”は、コラーゲンたっぷりな茨城を代表する冬の味覚です。

味噌スープに“あん肝”を溶かして食べます。コクが出て美味しくなります。たっぷりの脂がのった身はプリプリです。シメはご飯を入れて雑炊にします。

バスツアー特典!あんこう鍋御膳(味噌味)2,000円がツアー代に含まれています。

茨城の名産が揃っているお土産コーナーでは、2000種類が揃っています。“吉原殿中”は、あられを水あめときな粉でコーティングしています。

“水戸の梅”は、水戸市の日本庭園「偕楽園」の梅にちなんだお菓子です。白餡と求肥を赤しそで包んだ和菓子です。

タカノフーズ水戸工場


「タカノフーズ水戸工場」では、1日に200万パックの納豆を作っています。大豆が納豆になるまでは4日間かかります。

工場見学の後は、納豆グッズをかけて大抽選会があります。1位おかめレジバッグ、2位工場見学セット、3位おかめ消しゴムです。残念賞には、なっとう&かつおふりかけが貰えます。

お土産コーナーでは、地域や季節限定の商品が並んでいます。“そぼろ納豆”は、しょう油風味の割り干し大根を納豆と合わせた茨城のソウルフードです。

なめがたファーマーズヴィレッジ

「なめがたファーマーズヴィレッジ」は、農業をコンセプトにしたテーマパークです。合言葉は“日本の農業をステキにしよう”です。

廃校になった小学校をそのまま使った「やきいもミュージアム」は、サツマイモの生産量が全国1位の茨城県ならではの施設です。

展示室には、サツマイモと関係のある歴史上の人物が授業を受けているとう設定で並んでいます。佐藤栄作や森光子などです。

工場見学

美味しい焼きいもを作るポイントは、“キュアリング”と“焼き方”です。

“キュアリング”とは、高温多湿の部屋で数日間寝かせた後で部屋の温度を下げて貯蔵することを言います。

でんぷんが糖に変わり甘みが増します。長いもので半年くらい寝かせる物もあります。多額の費用がかかるので実施しているところは多くありません!

“焼き方”は、世界初のやきいも専用トンネルオーブンを使って焼きます。サツマイモは時間をかけて徐々に夏を加えると一番甘くなります。

長さ19mのトンネルオーブンの中で、遠赤外線で60分~90分かけて焼き上げます。工場見学の最後には、焼き芋の試食があります。

バスツアー特典!やきいもミュージアム入館料800円がツアー代に含まれています。

オリオンツアー企画⇒うまかっぺ!いばらき味覚紀行 あんこう鍋!納豆&やきいもミュージアム!パワースポット常陸国出雲大社参拝♪日帰りバスツアー

まとめ

バスツアーは、工場見学や体験など行く先が遠くでも連れて行ってくれるのが良いところです。バスの中では、おゃべりしたり寝ていても平気です。

今回のツアー代金は、何と8,480円です。東京から茨城県までの高速代金は往復で8,500円、お昼代にミュージアム入館料を合わせてもお得感いっぱいです!

コメント