おじゃマップ!大河ドラマ「直虎」ゆかりの名所を巡る9,990円で行く日帰りバスツアー

5,000円~10,000円

Hamamatsu castle
Hamamatsu castle / keyaki

「おんな城主 直虎」は、1月からスタートしたNHK大河ドラマです。早くも話題の作品に触れたバスツアーも人気があります。

おじゃマップでは、「おんな城主 直虎」の舞台である静岡県浜松市にスポットを当てました。個人で行くより断然お得な1万円以下の格安ツアーを紹介します。

おんな城主 直虎とは

井伊直虎とは、名だたる戦国大名たちと渡り合った井伊家の姫のことです。幼いころから結婚を約束していた井伊直親は、今川家から命を狙われた逃亡します。

婚約者がいなくなったため、直虎は出家をして政略結婚を回避します。お坊さんになり直親への愛を貫き生涯独身でいることを選択します。

井伊家の跡取りたちは、次々と亡くなってしまい家督を継ぐことになります。当時ではありえなかった女性初の城主に任命されます。

井伊直政は、直虎にとっての義理の息子です。その直政が徳川家康に使え井伊家を発展させました。

バスツアー工程表

直虎が育った龍潭寺で歴史探索&浜名湖絶景うなぎ御前で選べるすきやき&鴨鍋!のバスツアー工程表です!

7:30 新宿出発
9:30 駿河湾沼津SAで休憩
11:15 直虎を育てた龍潭寺を拝観
13:50 直虎大河ドラマ館&江戸時代体験
15:20 井伊家 出世の場所 浜松城散策

2月~3月
“H.I.S.初登場企画!井伊直虎ゆかりの地と浜松グルメを満喫する旅♪”の料金は9,990円、1万円をきった格安ツアーです!

龍潭寺(りょうたんじ)

「龍潭寺」は、直虎が出家して修行をしたお寺です。井伊家の甲冑や直虎が書いた直筆の書物など展示してあります。

龍潭寺は西暦700年に建立された寺で、直虎が出家したのは1546年になります。寺には東海地区では最大級の大仏を見ることが出来ます。

庭園は太平洋側から見た浜名湖を再現した作りになっています。本堂の襖には龍と虎の壁画が描かれています。期間限定で公開されています。

直虎の名前の由来は、女性という事で敵国に侮辱されないように男名の虎を付けた。名前だけ見れば男性と勘違いする人もいました。

本堂の外には直虎が眠っているお墓もあります。結婚ができなかった許嫁の直親も隣で眠っています。

バスツアー特典!参拝護持料500円と“ゆるキャラ直虎ちゃん”の絵馬(500円相当)がプレゼントになります。

かんざんじ荘

「かんざんじ荘」は、浜名湖を眺めながらゆっくりと食事を楽しめます。浜名湖名物のうなぎが付いたセットを食べます。鍋は豚すきやきか鴨鍋を好みで選べます。

バスツアー特典!昼食は浜名湖うなぎのツアー限定午前(2,500円相当)あkk

豚すきやきにセットになっている“とろろ”は、直虎の尼頭巾をイメージしています。鴨鍋は、直政がよく好んで食べたそうです。

バスツアー特典!お土産に三ケ日みかんと直虎がコラボした“三ケ日みかんサブレ”がプレゼントになります。

おんな城主直虎 大河ドラマ館

「おんな城主直虎 大河ドラマ館」は、ドラマの世界観が楽しめてドラマの名シーンを再現したセットで記念撮影も出来ます。真田丸の入場者数100万人を超える勢いがあります。

バスツアー特典!入館料600円がツアー代金に入っています。入口では記念撮影して限定カードにプリントしてくれます。こちらは無料です。

「着替え体験館」では、武士や甲冑などに着替えて時代体験をすることも出来ます。関所の看板・家屋・槍の3点を同時、に撮れるベストスポットもあります。

屋台が並ぶ広場では、浜松グルメを食べることが出来ます。バスツアー特典!として浜松餃子の半額割引券がプレゼントになります。(400円⇒200円

浜松城

「浜松城」は、名だたる武将が住みのし上がったことで出世上と呼ばれています。訪れた人が出世するパワースポットでもあります。

直虎によって育てられた井伊直政は、徳川家康に武将としての能力を認められて浜松城に居住することになります。

関ヶ原の戦いでは、徳川家康の右腕として活躍して徳川四天王と呼ばれました。(榊原康政・井伊直政・本多忠勝・酒井忠次)

浜松城の石垣の中に隠れたハート型の石があります。それを見つけられたら恋愛運がアップすると言われています。話題のスポットです!

バスツアー特典!お土産ショップで使える1割引のお買い物券がプレゼントになります。

まとめ

日帰りバスツアーは、1度にいろんな場所に行けて美味しいモノも食べられます。ツアーのセットになっている金額だけでも4,300円になりました。

とってもお得なツアーですね!詳しくはこちらから⇒H.I.S.初登場企画!井伊直虎ゆかりの地と浜松グルメを満喫する旅♪

コメント